MENU

一体いつ入るのがいいの?がん保険

何かあったときに、『入っていて良かった!』『入っておけば良かった!』あなたはどちらを選びますか?
保険は将来のリスクに対する備えです。

 

将来起こるかもしれない様々な出来事に対して、いつから、どのように備えることが必要か考えることが大切です。

 

此の頃、芸能人の方が『がん』の告知を受けたことや、『がん』と向き合い戦って頑張っている姿を目にします。

 

自分達の周囲の人も含めると、以前より頻繁に聞き、目にするようになりました。

 

現在、日本人の死亡原因の1位が『がん』であって、約30パーセントの方が亡くなっていると言われています。

 

それほどまでに身近な病気の『がん』のリスクに備えることができる保険が『がん保険』です。
『がん保険』は、保険の対象を『がん』に絞った『医療保険』です。

 

『医療保険』に加入することで、『がん』も含めて病気に対する保証が、加入している保険の範囲内であります。

 

まず、加入している『医療保険』の内容を確認することが必要になります。
その上で、十分なのか、それとも何か不足しているかを判断することが大切です。

 

『がん保険』という対象を一つに絞った保険が何故あるのかというと、他の病気に比べて『がん』は進行によっては長い期間の治療を要することや、種類によっては高額の治療費を要することや、治った後も再発する可能性があるということなどがあるので、そのための備えを準備することが大切と考えられているからです。

 

実際には、高額療養費制度などの負担を軽減する制度がありますが、それでも先進医療には保険が聞かない高額治療もあります。

 

負担を少しでも軽減するために『がん保険』に加入することも一つです。
そのときに注意する点の一つが、責任開始時期です!

 

がん給付についてですが、『がん保険』に加入した保険期間開始日の日からその日を含めて90日を経過した日の翌日から責任を開始します!!

 

例えば、保険に加入して30日後に『がん』と診断されて入院、手術をしても保険対象にならないということです。

 

これでは、『もっと早く入っておけば良かった!』になってしまいます。

 

自分、家族を含めて、『がん保険』について考えてみるのが大切だと思います。

 

そして、加入すると決めたら、出来るだけ早期加入をお勧めします。
『入っておけば良かった!』にだけはならないように!!

関連ページ

がん保険はがんだけのもので医療保険でまかなえます
がん保険はがんに特定した保険です、通常の医療保険に入って置けば大丈夫です。私が知り合いの保険プランナーさんに相談した時に言われた言葉です。将来がんになって入院、手術といった場合は、通常の医療保険から条件が合えば入院給付金、手術一時金はもらえます。また高額になる手術入院費用はこれも条件が合えばですが、高額医療費制度を申請すれば10万円未満で済みます。
最初は仕方なく加入したがん保険に感謝
金融機関に勤めている夫が、ノルマを達成できない分、自分自身で加入したのが、がん保険でした。他にも保険に入ってるし、雑誌やテレビでの家計診断のコーナーなどでは、必ずと言っていいほど保険を見直して支出を減らすように言われているのに、我が家は保険料が増えるばかりでした。加入後数年たって、解約を検討していましたが、ずるずるとほっとらかしにしていました。
このページの先頭へ