MENU

最初は仕方なく加入したがん保険に感謝

金融機関に勤めている夫が、ノルマを達成できない分、自分自身で加入したのが、がん保険でした。

 

他にも保険に入ってるし、雑誌やテレビでの家計診断のコーナーなどでは、必ずと言っていいほど保険を見直して支出を減らすように言われているのに、我が家は保険料が増えるばかりでした。

 

加入後数年たって、解約を検討していましたが、ずるずるとほっとらかしにしていました。

 

それからしばらくして夫にがんが見つかりました。
偶然見つかったがんでしたので、おそらく手術でとれるだろうと言われ、入院することになりました。

 

手術では目に見える腫瘍は取り除けたものの、当初の見立てよりも悪性度が高いものが見つかり、引続き放射線治療をおこなうことになりました。

 

トータルで2カ月ほど入院しましたが、がん保険のおかげで個室に入り、快適に過ごすことができました。

 

加入していたがん保険は、がんと診断されたら一時金100万円、入院日額1万円、手術や放射線治療で20万円支払われるタイプのものでした。

 

健康保険法に基づき支給される高額療養費がありますので、入院に関してはそれほどお金がかからず、がん保険から支払われた金額は、正直余ります。

 

しかし、がんは退院して終わりになる人は非常に少ないです。

 

夫は手術後1年以上経過していますが、月に一度通院し抗がん剤を処方されます。

 

飲み薬のタイプのものです。がん保険の多くは、退院後の通院や抗がん剤治療などにも保障があるようですが、多くの場合退院後6ヶ月間とか期限があったり、抗がん剤治療も点滴などに限られているようです。

 

夫が加入していた保険も、点滴などの治療に限られ、飲み薬タイプの抗がん剤には支給されません。
この抗がん剤、月に数万の自己負担です。

 

ですから、健康保険から支払われる高額療養費があるので、高額な保障のがん保険は必要ないという専門家もたくさんおられますが、実際退院後も結構お金がかかります。

 

保険というものは、健康な時はいらぬ出費に思えますが、実際病気になってみて初めてありがたいものだと感じます。

関連ページ

がん保険はがんだけのもので医療保険でまかなえます
がん保険はがんに特定した保険です、通常の医療保険に入って置けば大丈夫です。私が知り合いの保険プランナーさんに相談した時に言われた言葉です。将来がんになって入院、手術といった場合は、通常の医療保険から条件が合えば入院給付金、手術一時金はもらえます。また高額になる手術入院費用はこれも条件が合えばですが、高額医療費制度を申請すれば10万円未満で済みます。
一体いつ入るのがいいの?がん保険
保険に加入して30日後に『がん』と診断されて入院、手術をしても保険対象にならないということです。これでは、『もっと早く入っておけば良かった!』になってしまいます。自分、家族を含めて、『がん保険』について考えてみるのが大切だと思います。そして、加入すると決めたら、出来るだけ早期加入をお勧めします。『入っておけば良かった!』にだけはならないように!!
このページの先頭へ