MENU

負担にならない医療保険が大切!

医療保険は、病気やケガで入院や、手術のときに備えるための保険です。

 

現在、様々な種類の医療保険があって、どれに加入するのがいいの?
加入している医療保険で本当に大丈夫だろうか?と迷ってしまいますね。

 

正直、どれがいい!なんて言い切れない程、それぞれに良い点が異なっているのと、それぞれに求める保障も異なっているので、如何に自分の希望に相応しい医療保険を見極めるかが重要になってきます。

 

そして何よりも『負担にならない医療保険』を選択することが大切です。

 

保険に興味を持ち、保険の説明を聞き出すと、どうしても将来に対する心配事が増えていきます。当たり前ですよね、

 

将来病気になるかもしれないことを想像して、手術にどのくらいかかるだろうか?とか、入院したらどのくらいかかるだろうか?など、今答えを出せないことを考えて、それに対する備えを準備するのですから...様々なことが想像できてしまいます。

 

そして、その多くの心配事に備えようと思うと、保険料が高くなってしまいます。

 

もちろん、病気になったとき後悔しないためにも、そのとき困らないための準備が必要です。

 

まず、現在の生活費の中から、保険料に当てる事が可能な額を目安として算出してから、保険選びに取りかかりましょう。

 

現在を把握することで、将来起こりうるかもしれないことを考えるときに、いつ病気になったらどうだろう?とか、これからのライフステージを思い描きながら医療保険の必要性を考えやすくなります。

 

保険は簡単に言うと、『保険料』と『保障内容(給付金額と給付条件)』、このバランスです。自分が払える保険料で、どこまでの保障を得られるかです。

 

その結果、保障が不足していると判断したときは、もう少し保障をプラスするには後どのくらい保険料を上げることが可能かどうかを検討していけば良いのです。

 

医療保険は継続することが大切です。

 

病気になってからでは、新規加入が難しかったり、保険料や保障内容が異なります。

 

保障内容の見直しをしながらでも、継続していくことが大切です。
そのためにも、自分の希望に合った医療保険を選択して、負担にならない保険料に抑える事がとっても大切です。

 

医療保険を選ぶポイントの一つに、保険料の払込期間と保障される期間の設定があります。

 

保障される期間は、終身タイプや、60歳までとか10年とかの一定期間のタイプ、更新タイプなどがあります。

 

保険料の払込期間も、例えば60歳までに払い込むタイプや、保険期間中払い続けるタイプがあります。

 

また、更新タイプは、更新時にはその年齢に応じた保険料を再計算するタイプです。
特徴をよく把握することが必要です。

 

年齢と状況を判断して、効率の良い医療保険の加入の仕方を心がける事が大切です。

 

是非、自分自身にとって『負担にならない医療保険』を選択して、将来の病気やケガに対する備えを準備しましょう。

関連ページ

シニア世代の医療保険
テレビCMなどでも宣伝していますば外資系の保険やネット保険などでシニア向けで掛金が割安な保障があるようです。CMでは良い事ばかり言ってますが果たして本当によい保険なのでしょうか。月3000円の掛金で持病があっても加入できるなんて謳い文句に「そんなよい保険があるんだ」って思ってしまいます。
このページの先頭へ