MENU

シニア世代の医療保険

保険は年齢が上になるとかにゅうできないイメージがありますよね。
自分が子供の頃の60代と今の60代とでは、まったく違うと思うんです。

 

若々しいですし、ライフスタイルも変わっています。
昔なら、お仕事をリタイアしてのんびりと余生を暮らすというイメージですが、今なら仕事もまだまだ現役で旅行や趣味にアクティブに行動しています。

 

ただ、元気といえ、やはり健康に対して不安がないわけではないと思います。
60歳を過ぎれば、病気になるリスクも高くなります。

 

いざという時に、掛金の安い共済は保障が目減りして、病気入院保障が無いとか、下がっているなんてこともあります。

 

そうならないためにも60歳を迎える前に自分の加入している保障がどんな保障なのか確認しておく必要があるでしょう。

 

テレビCMなどでも宣伝していますば外資系の保険やネット保険などでシニア向けで掛金が割安な保障があるようです。
CMでは良い事ばかり言ってますが果たして本当によい保険なのでしょうか。

 

月3000円の掛金で持病があっても加入できるなんて謳い文句に「そんなよい保険があるんだ」って思ってしまいます。

 

それで保険として成り立つのかどうかと心配になります。
実はいろいろなトリックがあるようです。

 

まず、入院保障ですが、平均すると入院保障は日額5000円〜10000円ですが、シニアタイプの保険は1500円とか2500円です。
3000円なら高いなあという感覚になります。

 

死亡保障についてもリスクの低い交通事故、不慮の事故による死亡が数百万の保障があっても一番リスクの高い病気死亡保障は10万くらいなのです。

 

保障も終身ですが、掛金も終身、つまり死ぬまで払い続けなければいけません。

 

自分も今後、今の掛金を払い続けることができるのか不安になります。

 

掛金が安ければ、そんなトリックがあるのであれば、見た目の掛金の安さに惑わされないでしっかりと見極めることが必要ではないでしょうか。

関連ページ

負担にならない医療保険が大切!
医療保険は、病気やケガで入院や、手術のときに備えるための保険です。現在、様々な種類の医療保険があって、どれに加入するのがいいの?加入している医療保険で本当に大丈夫だろうか?と迷ってしまいますね。正直、どれがいい!なんて言い切れない程、それぞれに良い点が異なっているのと、それぞれに求める保障も異なっているので、如何に自分の希望に相応しい医療保険を見極めるかが重要になってきます。
このページの先頭へ